Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
映画

ホラーよりも怖い!映画「ザ・サークル」

2018-01-10

 

非常に怖い映画です!

一大センセーションを巻き起こしたという同名の全米ベストセラー本の映画化が本作。グーグルやアマゾン、Apple、Facebook等の企業と重なる、架空の「サークル」という巨大インターネット企業に、主人公メイ演じるエマ・ワトソンが入社するところからストーリーが始まります。時代の先端をゆく世界No.1企業に入社でき、主人公も両親も当初は大喜び。

 

この企業<サークル>のCEO ペイリー(トム・ハンクス)が掲げている理想というのが「全人類、全ての人達が皆オープンに、包み隠さず繋がり合い、共有する社会。いつでもどこでも繋がり合い、互いの経験をシェアすることで、刺激的な毎日を送る事が出来る」というもの。サークルが掲げる「全人類透明化」は、「見られている」という意識が、「人を正しい方向へと向かわせる」というのです。ペイリーはSNSによってテロや犯罪を撲滅させようとしているとして、あくまでその理想の根底にあるのは「善意」であるかのよう。しかしストーリーが進むにつれて、メイはサークルの欠陥に気付きはじめる‥。

 

 

個人的な意見ですが、最初、主人公を演じるエマ・ワトソンが、どうしてもこの映画の世界観に馴染まない気がしていました。劇中で、サークルに入社前、コールセンターで働いていたり、汚い車を運転していたり、冴えない状況を演じているのですが、どうしても嘘っぽく感じてしまったのです。ヨレっとしたTシャツとジーンズを履いていても、履かされている感が中々ぬぐえず。(実際日常でも履いていると思うのですが‥)隠しきれない、彼女の綺麗な顔立ちや、育ちの良さや、品といったものが、キャラクターやストーリーを邪魔しているようにさえ感じられました。

 

ですが、オフィシャルHPを観て、なるほど!と思いました。それは、自身もTwitterで全世界に2500万人のフォロワーを持ち、自らの信条をシェアするエマと、自分の24時間をSNSでシェアする劇中のメイというキャラクターのイメージが、重なっているという点において、リアリティーを与えている、ということ。確かにエマ・ワトソンというシンボルは、「見られている」という意識が、模範的なイメージであろうとする、という劇中の言葉とも重なってゆきます。

 

 

最初は、サークルの在り方に躊躇していた主人公メイも、次第に、雰囲気にのまれ、「全てを知る自分」そして「見られている自分」「共有する自分」「SNSによって繋がっている関係性」が普通になってゆく。一旦はそこから逃れようとしますが、次第に彼女は逃れなくなってゆく‥。この「逃れられない」というのは、決してサークルのシステム的に、ではなく、長い間親しんで来たSNSでの繋がり、管理される事(守られる事)、見られる事(愛される事)に対する「快感」や「依存症」から次第に逃れられなくなってゆく、その姿に、思わずぞっとしてしまいました。

 

劇中に「すべてを知る事は良い事だ」というセリフが出てくるのですが、果たしてそうだろうか?という疑問符が浮かんできます。ここでいう「すべて」は、どんなにSNSで繋がったとしても、決して「すべて」にはなり得ないという事実が、抜け落ちている気がします。そこには善意という仮面の奥にある、人が、人や環境を「コントロールしたい」「力を持ちたい」という欲望が浮き彫りになっている気がします。

 

これは物語であり映画ですが、ここで描かれているのは、私たちの生活と地続きの世界でした。決して人ごとではなく、何となく感じていたけど、目先の利便性と引き換えに、何となく「なかったこと」として、考えないようにしてきたことたち。この映画を観て、普段使っているSNSやインターネットを介したサービスによって得ているもの、失っているもの、そして今後どのように関わってゆきたいのかについて、改めて深く考えさせられてしまいました。日常生活のいくつかの選択肢を変えたくなってしまう、映画だと思います。

 

 

ザ・サークル(字幕版)
▶ オンラインでは Amazon ビデオ iTunesU-NEXT , FOD(フジテレビオンデマンド)にて鑑賞できます♪