Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ドラマ

好きなことをして生きていこう!
ドラマ「サム、マイウェイ」

2019-05-02

 

 

彼女はキレイだった」「キルミーヒールミー」などのパク・ソジュンさんが出演しているドラマ「サム、マイウェイ」。韓国ドラマ定番の財閥やエリートが出てこない一般市民の生活が舞台。4人のアラサー幼なじみたちが、それぞれ自分の道を選んで行く姿を描いた、清々しい1作でした!

 

 

 

今回初めて知ったキム・ジウォンちゃん演じるエラが、とにかく男前&天真爛漫で可愛い💓

 

可愛い💓

 

アナウンサーという夢を持ちながら、普段はデパートの受付嬢として働いている彼女

 

マイクを持つと水を得た魚のように生き生きとする姿が見ていて楽しい!

 

そして悔しい思いをいっぱいして、涙涙涙‥‥!

 

 

 

これまで格好よかったり、頭脳的に優れていたり、気がよく利いたり、真面目な(?)役が多かった気がするパク・ソジュンさんは、今回とことん運動バカの単純なキャラクターを演じていて、こんなテロンテロンの派手なシャツ姿も新鮮

 

訳あり元テコンドー選手のドンマンという役どころのおかげで、今回も(?)おしげもなく肉体美を披露してくれております💓

 

 

 

こんなふうに恋愛以外の理由で泣いてしまうシーンも

 

悔しくて泣け叫ぶシーンも、

 

くしゃっくしゃになった顔も、これまで見たパク・ソジュンさんの演技の中で1番今回が色んな意味で解放されているように感じられて、とってもよかったです。

 

20年来の幼なじみの2人の掛け合いはテンポもよくて面白くて

 

時々出て来る、このブリっ子調💓

 

 

 

たーまーらーなーく可愛いー!😂

 

 

 

そしてもう1組の主人公、ジュマン&ソリ。付き合って6年目になるカップルのこの2人も本当に魅力的なキャラクターで、演じていたアン・ジェホンさんとソン・ハユンさんが、それぞれ演技賞を受賞したのも納得です‥!

 

 

 

特にソン・ハユンさんの演技がすばらしかった‥!

 

ドンマンの元カノも

 

ヴィラに越してきた大家さんのマザコン息子も、目に楽しい💓だけでなく
彼らが持つ心の寂しさにも触れられていてよかったです。

 

 

 

 

個人的にとっても好きだったドンマンのコーチ💓💓💓
どこかで見たことがあるなぁと思ったら‥!

 

 

シークレットガーデン」でキム秘書を演じていたキム・ソンオさんでした!
懐かしいー!

 

個人的にはとってもイケメンだと思うのですが、3枚目や個性的な役を演じているところも更に素敵✨

 

 

 

 

ものすっごく映像映えする綺麗な夜景とともに、こ〜んな秘密基地のようなバーが屋上にあるなんて、猛烈に楽しそう✨

 

 

本当に欲しいものに手を伸ばそうよ、本当に大切なものを選ぼうよ、格好悪くても、リスキーでも、熱くなっていいじゃない!傷ついたり失敗しながらも、体裁ではなく、不器用ながらも「自分たちの本気」を選んでゆく彼らの姿を見ていると、もしかしたらいつでもが青春なのかもしれないなぁ‥と感じました。

 

青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心
安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ

年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる
歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ
苦悶や、狐疑、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、
精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう
年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か

曰く「驚異えの愛慕心」空にひらめく星晨、その輝きにも似たる
事物や思想の対する欽迎、事に處する剛毅な挑戦、小児の如く
求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。

人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる
人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる
希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大そして
偉力と霊感を受ける限り、人の若さは失われない
これらの霊感が絶え、悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、
皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至ればこの時にこそ
人は全くに老いて神の憐れみを乞う他はなくなる

サミュエル・ウルマンの「青春」

 

 

 

 

このドラマの魅力の1つは、本当に「あぁ、そんなの恥ずかしい‥!」「あぁ、そんな貧乏くじ引いてしまって‥!」というような、苦くて格好悪いシーンが本当に沢山出て来るのですが、それぞれのキャラクターたちが等身大で悩んだり傷ついたり強がったりしながらも、ありのままの弱さや感情を素直に吐き出して、ポロポロと泣く姿は、見ているこちらの心を綺麗に洗い流してくれるような、不思議な清爽感がありました。

 

そして、あちこちにちりばめられた印象的なセリフが多かったのもこのドラマの魅力でした。
例えば、韓国ドラマではおなじみの(?)派手な愛の演出をするキャラクターに対して、エラが「インターネットのみすぎよ!」と一蹴するシーンは秀逸!
そしてもうひとつ、個人的に印象に残っているのは、エラが言っていた「人間はみんな気が弱くて、臆病なんです」というセリフ。
ここにこのドラマのキーワードが潜んでいるような気がしました。

 

 

本作の中のあらゆる部分に、既存の価値観や、これまでの韓国ドラマで繰り返し描かれてきた「定番」に対する、アンチテーゼのようなものが感じられました。
親の期待や愛、こどもの「親に恥じないように生きたい」というプレッシャーなど、それぞれのキャラクターの親や家族との関係性も、普遍的なテーマとして丁寧に描かれているので、主人公たちのようなアラサーだけでなく、親世代も含めて幅広い視聴者が楽しめる内容になっているのではないかな、と感じました。おススメです✨

 

▶ドラマ「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」は下記オンラインで見れます✨

 

 

全体的に明るいサントラもおすすめ◎ AppleMusic, Amazonなどで聴けます

 

 

個人的にはKassyさんのGood morningが好き💓

 

 
 

 

 

第一回はこちらで無料で見れます☺

 

💓

 

 

Licensed by KBS Media Ltd. © 2017 KBS. All rights reserved