Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
映画

マクドナルド流 夢の叶え方!映画「ファウンダー」

2017-07-14

 

7月29日の日本公開に先駆けて、試写会にて鑑賞して参りました。映画の冒頭に「真実に基づいて作られた物語です」という字幕表示がある本作「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ 」。昨年、本国アメリカで公開の際には何度か延期もあり、結局マクドナルドからは公式に認められぬまま公開に至った作品だそうです。それもそのはず、この映画、決してマクドナルドのことをフレンドリーに描いておりません!


世界各地、この「M」のマークを見ないところもないのでは‥というくらい、あらゆるところで怪しく光り続ける「マクドナルド」。どこからあんな体に悪い物を人々に売ろうなんていう発想が生まれたのだろう‥と常々思っていたのですが、この映画を見たら「なるほど!」と納得してしまいました(笑)マクドナルドの前衛のハンバーガーショップを設立した人達と、現在のマクドナルドをフランチャイズ化して世界まで拡大した人物は別だったのですね!あの「Mの帝国」がどのようにして出来たのか、その様子が、現マクドナルドの創業者レイ・クロックを中心に描かれているのが本作です。


 

そもそも創業者レイ・クロックは当時マルチミキサーのセールスをしていたそうです。なかなか契約にこぎつけられないレイですが、ある日秘書から6台ミキサーの注文が入った事を知ります。「まさか1つのお店で6台もミキサーを欲しがる筈は無い!」と驚いたレイは、注文主へ自ら連絡を取るのですが、これがマクドナルド兄弟のハンバーガー店でした。レイが確認の電話をすると、6台の注文だったがやっぱり8台欲しい、と言ってきます。驚いたレイは、そのまま車を走らせて、一体どんなお店なのか確かめる為彼らのお店へと向かいます。

 

 

そこには驚く程の長〜い列が。しかし通常のドライブインスルーと違って待ち時間も無く、注文を受けてからすぐにハンバーガーが出てくるシステム。マクドナルド兄弟は自ら研究を重ねて無駄を省き、より効率的でスピーディーなハンバーガーショップを運営していました。

 

今までに見た事の無い、彼らが作ったその斬新な販売システムにビジネスチャンスを感じたレイは、マクドナルド兄弟に熱くフランチャイズ化を持ちかけます。最初は全く乗り気でなかった2人も、次第にレイの熱意に負け、契約を結びます。しかし後に、このマクドナルド兄弟と交わした契約書の内容のせいで、どんどん店舗数を増やしているのにも関わらず、思った様な利益が全く自分の所に還元されない事に憤慨するレイ。彼はどうにかもっと利益を出せないか、もっと権限を自分のもにに出来ないか、動き出します‥。

 

 

 

マクドナルド兄弟は、自分たちの経営方針を度々無視するレイの強引な態度にストレスを感じつつも、最初に結んだ契約書で守られているから大丈夫だと自らに言い聞かせます。しかしレイはこの後、かつてフランチャイズ化するに当たって結んだ契約書さえ無効にし、マクドナルドの権利を2人から強引に奪うことになります。(ひぇ〜!)マクドナルド兄弟が作ったハンバーガーショップの筈が、次第にレイに乗っ取られ、店名の「マクドナルド」の看板さえ下げなくてはならない事態に。

 

 

 

レイはその後も事業を拡大し続けるのですが、ひたすらどん欲に成功や利益を追い求める姿に、人間の欲ってすごいな‥と、アッパレでした。しかもこのマクドナルドの成功の足がかりを作ったのは、彼が52歳の時だった、というのですがら更にアッパレです!映画の中でも奥さんがレイに、「そろそろ落ち着かない?いつまでやる気?」と声をかけるシーンがあのですが、本人は「ずっとだ!」とブチ切れ。マクドナルド兄弟も「彼の夢はでかすぎる」と言うセリフがあったのですが、レイの中にあった人とは比べ物にならない程の強力なエネルギーと欲の深さが、マクドナルドをここまで大きな発展へと導いたのだろうな‥と感じました。

 

 

 

レイ・クロックが書いた自伝本「成功はゴミ箱の中に」は、ソフトバンクの孫社長やユニクロの柳井社長のバイブルだそう‥!

目がランランとしているマイケル・キートンの演技が上手すぎて、もう終始お腹いっぱいでした(笑)他のキャストたちの演技も素晴らしく、だからこそ映画の内容に集中できたのだろうと思います。個人的に印象的だったのは、レイの奥さん(後に離婚)役ローラ・ダンの演技。とても静かなのですが、破天荒な旦那レイの動向に心を痛めながらも献身的に寄り添おうとする彼女の感情がとてもよく伝わってきました。

恐らくこの映画見て「よし、帰りにマクドナルドに行こう!」という人は少ないかもしれませんが、これから街であの「Mマーク」を見かけるたびに、レイ・クロックやマクドナルド兄弟の存在を感じずにはいられなくなるだろうと思います。

アテクシは「成功」や「利益」、人間の計り知れない「欲望」などについて色々考えさせられました〜