Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
映画

真面目だから可笑しい!英国発の映画「しあわせはどこにある」

2017-04-09

幸せとはどこにあるのか。

フランスの精神科医フランソワ・ルロールの小説『幸福はどこにある 精神科医ヘクトールの旅』を原作としているこの映画は、コメディー映画なのですが、どうしても頭にチラつくのはMrビーンの姿(笑)

 

正直お腹を抱えて笑える!という類いのコメディーでは、個人的にはなかったのですが、

キャラクター設定が丁寧で、みんなそれぞれ変なキャラクターでも、そのまま普通に「そういう人」として描かれている視点が、個人的にはとても好感が持てる映画でした。

 

そうそう、みんな変よねー!って(笑)

 

 

ストーリーは、タイトルのとおり、主人公の精神科医ヘクターが「幸せ探しの旅に出る」という、決して真新しいものではありません。(結末も、もう観る前から分かってる様な、内容ですし!笑)

 

ベタな演出や、やや説教臭い部分も多く、「アイタタタ!」と思うところも勿論あるのですが、

しかしながら、いい年した精神科医が思春期の子のように「人生の意味は?」「幸せは?」と探しに行ってしまうところや、

まだ籍は入れていない彼の恋人のキャラクターや奇妙な(そして微笑ましい)2人の習慣、エピソード、

また異国の地でヘクターが出会う人々やそのエピソードには

どこか一定したピュアさがあるのです。

 

 

「大人の恋」とか「大人の生き方」とか

そういう立派なものじゃなくて、

決して背伸びをしない、素朴な「何か」がもしかしたら垣間みれるかもしれません。

 

それは、「他の人のフリをして生きなくったっていいんだよ〜」っていうメッセージが、映画全体に流れている様に感じました。

 

 

 

しあわせはどこにある(字幕版)
▶ オンラインではAmazonプライム, iTunes Netflix, U-NEXTにて観れます♪